恋愛と食生活

恋愛と食生活

最近友達が結婚するはずだった彼女と別れたと傷心している話を聞いたので、励ましに行ってきました。

実は私もつい最近彼氏に逃げられた身分。

気持ちは痛いくらいに分かります。

私が彼氏に逃げられてどん底だった時に、ずっと励ましてくれた友人の一人である男友達の事だったから、もちろんみんなで励ましに行った次第です。

彼は変わった思想を持っていて「ベジタリアン」な食生活を心がけている友達でした。

宗教とかそういう類のものではなく、身体にいいから体が喜ぶからと言う思想の元、ベジタリアンライフを送っています。

肉や魚は危険だから食べない。エキスもとらない。

出来れば自分で畑をして野菜を作って自給自足の生活がしたいと言うタイプのナチュラル人間です。

しかし彼女はそうじゃなかった。

肉食だった彼女は彼に好かれようとベジタリアンになってみたものの、無理があったようです。

結局、付き合い始めて数年後食生活の不一致でモメはじめ「食べ物は恵だから、何でも食べた方がいいと思う」と言う彼女の思考とベジタリアン理論の彼の思考とがぶつかるように。

そして冷蔵庫が別になり、別々のものを食べる生活がはじまってしまったらしい。

それでは食事の意味がないからと同じものを共有したいと訴える彼に対して彼女は最後まで譲らなかった。

そういう事らしいです。

食事って簡単なようで難しい問題なんですね。

彼女も彼も、これから結婚して長く付き合っていこうとする中でお互いに隠し事はしたくないし、彼女も彼に隠れてお肉や魚を食べるのは嫌だから正直にぶつかったみたいだけど、もっと臨機応変にやれる道があったのではないかとは思います。

そこに愛があるなら。

彼と一緒に食事する時はベジタリアン食で我慢して、彼が居ない時に友達と食事に行ったりランチに行く時に肉や魚を食べると言う感覚ではダメなのか?

しかし彼女にすれば毎日の食事の事になるから、毎日自分に合わないものを食べろと言われてもストレスがたまると言う事ですよね。

だから好きなものは好き、嫌いなものは嫌いだとちゃんと言っておきたいって事ですよね。

食事の問題で別れたカップルは私の経験上では初めてお目にかかるかもしれません。

それでも彼は彼女の事を好きだったから辛いと言います。

しかし好きだけでは生活できない事も分かったそうで、彼の方から別れを切り出したそうです。

食事はやっぱりシェアしたいから、どれだけ時間をかけて説得しても、何度説明しても伝わらない事が悲しかったと。

食事って好みも違うし思考もみんな違うし…一つの「欲」の部分ですから。

難しいですね。

いつか彼の考えに賛同する素敵な彼女が現れる事を祈って…

VWゴルフ日産エルグランド

家から飛び出そう!

ここ数ヶ月、家に引きこもりがちだった私。

引越しの荷物の片付けや掃除など、家の仕事が多かったせいもあったのですが、昔と比べたらフットワークが重たくなっていると言うか…

なかなか外に出ようと思えない心境になっていました。

家にいてゆっくりして居るほうが心地いい。

誰とも会いたくない。誰とも交流したくない。人と付き合うのが怖い。

人と親密になるのが怖かったのかもしれません。

社交的に見えて、人に気を使う事に疲れてしまっていた私。

人の話に合わせて着いていく事も、愛想笑いもただ疲れるだけ。

人付き合いなんて頑張ってもいつかは別れるんだから。

友情も愛情も信じられないと言う感覚で頑なになっていました。

しかしそんな固い気持ちも少しずつほどけていき、そろそろ外に出ようかなと言う気持ちになってきました。

きっかけは「自然の美しさ」を目の当たりにしたからです。

新しく引っ越した家は高台にあり山の中なので下界を見下ろす事ができ、また季節の移り変わりが感じられる空気のいい所です。

ここで咲く花や色づく緑、自然の様変わりする様子を見ているとすごくエネルギッシュで頑張っているように見えたのです。

私もここでオチオチしてはいられないと思い始めたし、外を出歩いてみたくなりました。

外に出てみると風は気持ちがいいし太陽の光は眩しくて元気を与えてくれる。

夜になると街の夜景は朝までキラキラと灯っている。

昔は良く飲みに行っていたけど、最近は出歩いてないなとか、私は変わっても街は変わってないなとか…色々と思い出していると飲みたい気分になり、久々に街へ繰り出しました。

街には知り合いが変わらず店を経営していたり、みんな変わってなかった。

そして久しぶりの私を温かく迎え入れてくれて、話もはずみました。

私は久しぶりに「楽しい」と思いました。

毎日人とのコミュニケーションを恐れて引きこもっていた自分が馬鹿みたいでした。

完全な被害妄想だったのです。

久しぶりに会う友人やマスターは全然変わりなく楽しい。

お酒の楽しさも、コミュニケーションの楽しさもちゃんとここに存在しました。

たまにはこうして外に出て人との関わりを持っていかないと、寂しい人間になってしまうなと思いました。

そして人と繋がる事で、またその先の人と繋がり、輪が大きくなっていく。

それが楽しいし、沢山の人と出会って交流していくのは豊かな人生になるキーポイントだと思いました。

だって一人は寂しいですもの。

一人ぼっちにならないように「付き合い」も大事にしていかなきゃなと反省しました。